体型と相談して決めたい、ウエディングドレスのデザインいろいろ

体型をカバーしてくれるドレスを

花嫁のウェディングドレスは、結婚式で最も重要なポイント。それだけに慎重に選びたいものです。どうしてもこれが着たい!というドレスがある場合は別ですが、そうでないなら年齢や式場の雰囲気も計算に入れてドレスを選ぶのが理想。特に気になるのが体型です。人によって身長が低い、肩幅が気になる、ぽっちゃり気味など、いろいろな悩みがあるもの。それらの悩みをカバーしてくれるシルエットのドレスを選べば、素敵な花嫁に変身することができます。

低身長、高身長に合うデザイン

背が低くて悩んでいるという人は、エンパイアラインのドレスがオススメです。胸下から切り替えになっているデザインでスカート部分が多く、背が低くても足長に見せてくれます。ウエストを締め付けないデザインなので、マタニティウェディングにもお勧めです。逆に身長が高くて困っているという人には、ペンシルラインのドレスがおすすめです。体のラインが強調させる細身のデザインなので、長身の花嫁さんに良く似合います。シンプルなデザインが多いので、小物で工夫を。

ぽっちゃり、ガリガリの人に嬉しいデザインとは?

ぽっちゃり体系の人は、とにかく自分の体型に合ったものを探すのが重要です。切り替えの位置を高くして足長を意識したり、スカートがふんわり広がっているプリンセスラインドレスなどでお尻を隠したりするなど、気になる部分をカバーする工夫を。コンプレックスを逆手に取り、メリハリをつけて女性らしいラインを強調するのも手です。逆にガリガリ体系の人は、ボリューム感のあるドレスは埋もれてしまう恐れがあるので避けるのが無難です。シンプルなドレスにジュエリーなどで輝きをプラスするのがいいでしょう。

ウェディングドレスはレンタルするのがいいでしょう。なぜなら、レンタルは商品が多種多様で高級なものまで選べるからです。