早めに決めておきたい!結婚指輪はどうする?

結婚指輪の平均価格はどのくらい?

結婚指輪の相場は給料の3か月などといわれることもありますが、平均的な購入価格は2人合わせて23万円前後というデータが出ています。また、女性用にはさりげなくダイアモンドがあしらわれたものが人気を集めています。付け心地にこだわって選ぶことが何より大切で、ぶつけても良いようにあまり派手なものも控えるのが一般的です。リング部分は、ストレートライン、ウェーブライン、V字ラインなどがありますが、これはどちらでも好みのものを選びましょう。

結婚指輪はいつ購入するのが良い?

また、日常生活で一生身に付けるものだから、2人が心から気にいるものをじっくりと選んで決めたいですよね。挙式の日が決まったら、半年以上前から探した方が良いでしょう。式が近づくと、招待状の手配や席時の作成、引き出物の決定とたくさんの準備で慌ただしくなっていきます。少なくとも、式の3か月前までには決定しておくのが理想です。特に、デザインから起こすオーダーメイドなら、早くからデザインの希望を伝えておく必要があります。

リングボーイを頼んでみる

結婚指輪が出来上がったら、後は挙式当日に指輪の交換となりますね。その際、リングを運んでくれる小さな男の子、リングボーイを誰かにお願いしてみるのも良いものです。小さな男の子に高価なリングを託すのは荷が重すぎることから、あえて偽物を運んでもらうこともよくありますが、ちょっとだけ映画の世界のようできっと素敵な思い出になるはずですよ。可愛らしい男の子の登場に、招待したみんなも喜んでくれること間違いありません。

結婚指輪とは、永遠に途切れることのない愛場を象徴するものであるので、常に身に着けることで相手の存在を強く感じる意味合いがあります。